せいたんの投資勉強会

せいたんの人生勉強会 力尽きても全力疾走─=≡Σ((( っ'∀')っブーン 

テクニカルが資産を増やし人生を変える 幸せは努力の後にやってくる

【家庭円満プロジェクト】 奥様を支えよう

f:id:Seitan:20220227210225j:plain

奥様を支えようプロジェクト

夫婦円満のほうがよいに決まっている。特に子供にとっては、その方がよいに決まっている。

片親になっている家庭を否定する訳ではないが、そうならない様に努力するに越したことはないと思う。その為には、やはり家でも活躍する“お父さん”となって、奥様を支える事が大切と思い勝手にプロジェクトを始動します。

今更ながら奥様から したら“いいお父さん”・子供から したら“カッコいいお父さん”を勝手に目指します。

 

スポンサーリンク

 

お父さんの不満=奥様の不満

お父さんからの奥様に関する不満ランキングでは、手抜き家事・素っ気ない態度・謎の不機嫌が不満になっている方が多いみたいです。特に食事が手抜きだったり・片付けができなかったり・細かい掃除が出来ていなかったりが気になる方が多いみたいです。でも実は、奥様もやりたくても出来ていないだけかもしれません。言い換えれば、全部無理!手伝えよ!という気持ちから、素っ気ない態度・謎の不機嫌につながっている可能性は多いにあるのかも・・・。ま~聞いても答えてくれないので真意は分かりませんが。

だから勝手に想像するが、お父さんへの不満⇒お父さんへの奉仕の減少⇒お父さんが不満に感じる、に繋がっているのではないかと思っています。

会話・スキンシップの減少など違う大きな理由もあるかと思いますが、上記理由も少なからず当てはまるかもしれないので、お父さんが勝手に改善する事で、夫婦仲が少しでも改善できるのではと思っています。奥様を助ける気持ちを持って率先して手伝う事が大切なのかもしれません。

 

家事の量と負担は仕事以上

家事を1人でやってみたら分かるんですが死ぬほど忙しくて時間が掛かるのに誰からも感謝されません。いや、感謝はされているのかもしれませんが言葉で伝えてくれないと実感する事は出来ません。子供ならまだしも、大人なら言葉で伝えろよ!って、言いたくなります。私は子供でも許せないので、恩着せがましく言ってしまいます。

そんな奥様の気持ちを考えれば優しく接して貰える訳がないのは当たり前かもしれません。それでも優しくしてもらえているのならば、それはもう神の領域です。

 

過去を振り返れば、育児・家事は手伝ってなかったな~と、反省することしかありませんでした。改善方法は簡単で、奥様に対して感謝の気持ちを言葉で伝える事、家事に関しての不満は自分で行動する事です。たったこの2つで解決したら最高ですよね。苛立ちも減りますし。そして、相手にも感謝される可能性もあります。ちょっと面倒臭いですけど、やってみると家事の楽しさと苦労も理解する事が出来るので是非、一人で1日丸々家事をやってみて下さい。

 

家事は親がするという概念を捨ててみた

私のオススメは親が家事をすると言う概念を捨てて子供にも積極的に家事を手伝ってもらうという事です。賛否はあるかと思いますが、全員で楽しく取り組めたり、教育にもなったりします。また、子供の学ぶスピードは尋常ではないくらい早いので、慣れてくると本当に早く終わります。その出来た時間を子供との時間に当てたり、お互いに自分の時間が作れたりとメリットが多くあります。一石五鳥くらいの役割が付与されます。違ったを意見を出し合う事が、夫婦円満の道の第一歩が開けるかもしれません。

 

 
合わせて読みたい記事