せいたんの投資勉強会

せいたんの人生勉強会 力尽きても全力疾走─=≡Σ((( っ'∀')っブーン 

テクニカルが資産を増やし人生を変える 幸せは努力の後にやってくる

【TKGのその先を求めて】 絶品の“ゆで卵”から至高の“燻製たまご”へ進化

 

 

【TKGのその先を求めて】とは、奥様が愛するTKGを進化させて、その先の世界を目指す事です。

その先には、TKGの堪能と奥様との関係を良好にする働きがあります。知らんけど。

 

f:id:Seitan:20220307140438j:plain

題名:ゆで卵 からの 燻製たまご

半熟トロトロの“ゆで玉子”から“燻製たまご”を作ります。はっきり言って絶品です。

そのまま食べるのもOKですが、潰してご飯と一緒に食べれば最強です。トロトロ食感とめんつゆの味付けに加えて、燻製することで黄身の味まで深みが増します。

TKG(卵かけごはん)の議論の一つに加える必要があるレベルです。

 

〇ゆで卵 調理時間・費用・難易度

調理時間 10分程度  費用:約250円  難易度:易しい

 〇燻製たまご 調理時間・費用・難易度

調理時間 半日程度  費用:約500円  難易度:易しい

〇材料

1)卵 10個  2)めんつゆ 適量

 

スポンサーリンク

 

半熟トロトロゆで卵の作り方から燻製するまでの工程

半熟トロトロゆで卵

1)卵が全て浸かる水を用意しましょう。

2)卵は水でぬらしておいてください。

3)沸騰したお湯に卵を投入して下さい。割れない様にゆっくり入れましょう。

 <ゆで時間の目安>

 6分30秒(黄身はトロトロだが、殻は剝きにくい)

 7分30秒(黄身が固まっている部分が半分くらいだが、殻は剥きやすい)

4)5分程 冷水に付ける事で殻が剥きやすくなります。

5)卵全体にヒビを入れてから丁寧に殻を剝きましょう。

 

※少量の水で、卵を蒸し上げる方法でゆで卵を作る方法もありますが、殻が剥きにくい場合があるので卵が浸かる水の量の方がオススメです。

 

半熟トロトロゆで卵に“めんつゆ”で味を付けよう

1)完成した“ゆで卵”と“めんつゆ”をキッチン袋に入れて半日ほど味を染み込ませます。

 〇倍濃縮はそれ通りに希釈すればOK。濃い味が好みの方は水を少な目にしましょう。

2)漬けた“ゆで卵”をキッチンペーパーで水分をよくふき取りましょう。

 

 燻製をしてみよう

ご家庭でお手軽の燻製マシーンの作り方

1)ステンレス製のボール2つ(約直径20cm)

2)ステンレス製のボールより少し小さめの網1つ

3)少量のアルミホイルと少量の燻製チップ(さくら)を用意しましょう。

※1)2)は100円均で手に入れました。

 

燻製してみよう

1)ボールの底にアルミホイルをひいて・その上に燻製チップを二つまみ程度敷きましょう。

2)その上に網を置いて・網の上に水分をふき取った“ゆで卵”を置きましょう。

3)もう一つのボールで蓋をして、

中火1分で庫内に煙を充満させましょう。ボールの隙間から煙がでたらOK。

弱火7分・火を消して10分待ちましょう。火が強すぎるとゆで卵に火が入り過ぎてトロトロが無くなるので気を付けましょう。

4)できた燻製たまごはキッチンペーパーで水滴をふき取り粗熱がとれたら完成です。

 

 

合わせて読みたい記事