せいたんの投資勉強会

せいたんの投資勉強会

力尽きても全力疾走(^_-)-☆

MENU

トレードルールを作ってみよう

f:id:Seitan:20220116113735j:plain

トレードルールとは

トレードルールとは、エントリーをする根拠・ロット・利益確定・損切りをする時のルールを事前に決めて、ルール通りに取引をする事です。トレードにはルールがありませんので、自分でルールを決める事で直感でのトレードが無くなり、勝率を上げる事が出来るようになります。逆にルールがなければ直感でトレードをしてしまうギャンブルトレードになりがちです。ギャンブルトレードで損失が出れば、後悔してもしきれません。損失を取り戻す為にさらに無茶なトレードをする悪循環に陥ってしまいます。そうならない為にトレードルールが必要となります。

 

トレードルールは決め方

トレードルールには決まった形がありませんので、自由に決める事が出来ます。

 

参考例として、まずは3点決めてみましょう。

〇エントリーと決済に関するルール

  ①エントリー…どのような時にエントリーをするのか決めましょう。

         例:ボリンジャーバンド 1σタッチでエントリーなど

②利益確定 …どうなったら利益を確定するか決めましょう。

例:ドル円115円で決済・+□□万円の含み益で決済など

損切り  …1回の取引でどこまで損失が許容できるか決めましょう。

例:エントリー113円 損切り112.50円など

  ▲□□万円の含み損で決済など

①~③の3点は決める事をおすすめします。

  

〇通貨やロットに関するルール 

 ①取引する通貨…自分に合った通貨を選択しましょう。スワップ重視・値動き重視・ス

プレッド重視などから選択してもよいでしょう。

例:メイン通貨 ドル円 ・サブ通貨 ユーロドル など

 ②ロット数  …通貨と合わせてエントリーするロットを決めましょう。

         値動きが激しい通貨は1ロット・それ以外は2ロットなど

 

〇自分の精神状態を維持する為のルール

  これが意外に重要なのかもしれません。自分のお金を使っているので勝っても負けて

も熱くなってトレードをしてしまう事があり、トレードルールを守れない精神状態に

なってしまう事も多々あります。そうならない為にも自分の精神状態を維持できる取

り決めがある事で安定したトレードを行う事が出来るようになります。

例:損切りとなった場合、4時間はエントリーをしない

 

最初は最低限のルールを作り、経験を重ねるごとにルールを追加してはどうでしょうか。

 

トレードルールを作って精度を上げる方法

トレード日記をつける事をオススメします。過去の取引履歴を残しておくことで、トレー

ドの反省点を見つける事が出来て、次のトレードに繋がる事が期待できるからです。また、「ナンピンしてロットを上げすぎた。」「利益確定のポイントが早すぎた。」など、結果だけではなく、その時に感じた感想や感情なども付け加える事で、きっと大きな財産となるでしょう。